本文へスキップ

四百余年の時を刻む東伊豆町の築城石採石跡。石工達の息吹を感じて下さい!

メールでのお問い合せはedojyo@chikujohseki.com

東伊豆江戸城築城石石丁場


2017年10月、二週続けて襲来した台風により、磯脇石丁場の磯丁場が大きな影響を受けました。
打ち寄せた大波は遊歩道沿いの防波堤を乗り越え、
繁茂していた葦を根こそぎ薙ぎ倒し、遊歩道脇の民家石垣を露わにしたのです。
民家石垣の石材にいくつかの矢割石が組み込まれていましたが、
その中に松平土左守の刻印が刻まれた刻印石が・・、
隣接する土手には角石が確認出来たのです。
今まで未確認であった刻印と角石、新発見となりました。














石丁場というには巨大な矢穴石と完成角石だけが現存する不思議な丁場です。
完成角石は町内の文化財に指定されている角石に匹敵、
あるいはそれ以上の保存状態を有していますが、
舗装路直下のため不当投棄物と朽ちた竹に埋もれてしまっています。

巨大な矢穴石には複数の刻印と不可思議に開けられた矢穴。
「越前」の文字が刻まれているようですが、当サイトでは確認出来ませんでした。

海岸線の写真は実際の磯脇石丁場ではなく、磯脇石丁場下の磯丁場です。








磯脇石丁場 完成角石の動画(87.8MB)
磯脇石丁場 巨大矢穴石の動画(100MB)