本文へスキップ

四百余年の時を刻む東伊豆町の築城石採石跡。石工達の息吹を感じて下さい!

メールでのお問い合せはedojyo@chikujohseki.com




● 2019年3月31日更新●
桜ケ洞(さくらがぼら)石丁場、江戸城築上石残石紹介、第三弾です。
横磯川中流に広がるの桜ヶ洞石丁場の真髄エリア。
大量の刻印石や大型刻印を残す切出し残石、完成角石が残る石丁場で、
訪れる者全て四百有余年前のタイムスリップを体感させる石丁場なのです。





















間地石採石加工丁場(動画284MB Facebook 動画はこちら
複数刻印が刻まれた築城石(動画267MB Facebook 動画はこちら


● 2019年3月21日更新●
桜ケ洞石丁場、江戸城築上石残石紹介第二弾です。
同石丁場の真骨頂紹介は第三弾で予定していますが、今回の石工達の痕跡も見ごたえ十分です!









輪違い紋と大割石(動画 405MB・ダウンロードが困難な方はFacebookにてご覧ください)

● 2019年3月17日更新●
伊東市湯川地区を流れる清流、横磯川沿いに桜ヶ洞石丁場(さくらがぼらいしちょうば)が広がります。
伊東市発行の資料では横磯川からの谷筋は無く、流域のみで石丁場が存在すると記載がありましたが、
今回、横磯川中流域に存在する谷筋の石丁場に潜入しました。
横磯川中流域に広がる大丁場(後日公開)ほどではありませんが、充分見応えのある石丁場との遭遇でした。









※本サイト参考による石丁場探索によって被る傷害について一切の責任は負いません。
石丁場探索は自己責任、自己管理の下で行動願います。

copyright©2015 東伊豆江戸城築城石石丁場 all rights reserved.